児童一人一人のセルフ・エスティームを育てる学級活動

熊本県八代市立高田小学校 教諭(執筆当時) 田中 耕一郎
【サマリー】
本研究では,まず,173人の児童を対象に,セルフ・エスティームの要因と構造について調査した。文献研究に基づいて質問紙を作成し,得られたデータについて因子分析と重回帰分析を行った。その結果,「人間関係に関する評価」,「学習についての自己効力感」等の4要因がセルフ・エスティームと互いに影響し合う構造が推測された。次に,児童のセルフ・エスティームを育成する学級活動内容(1)の指導プログラムを構想し,実践した。その結果,称賛体験,役割遂行体験を与えるプログラムにセルフ・エスティームや学習意欲を高め,友人や学級集団を肯定的に認知させる効果等が認められた。最後に,このプログラムを修正し,提案した。
【キーワード】

学級活動,弾力的展開,セルフ・エスティーム,self-esteem,自尊感情,ジグソー学習,自尊心,ローゼンバーグ,論文,自己肯定感,子ども,学習,尺度,学校教育

ダウンロード(右クリック→「名前を付けてリンク先を保存」
※著者へのお問い合わせはこちら