就職先の選択で迷っていたけれど

前世療法を受けられたクライアント様の体験談を紹介します。
掲載の許可をいただいています。


「A社とB社の両方から採用内定をもらっている。どちらに就職すればよいか迷っている」
「集団になかなか溶け込めない」

それがI.Mさんの悩みでした。

そこで今回の前世療法のテーマは「今後の人生を生きていくヒントを得る」と設定しました。


前世療法を始めてI.Mさんの心の中に最初に見えてきたのは漁師の若者。海を見て泣いています。
漁師の名前は五郎。それがI.Mさんの前世でした。

時代は1502年。
場所は現在の長崎県佐世保市のあたり。

五郎の祖父は山に入って木の伐採、シイタケ栽培などの仕事をしていました。
母は結核のような病気になって、療養生活が長く続いていました。
年の離れた小さいな妹がいました。

五郎は子供のころから山に入って、父と祖父の仕事を手伝っていました。

20歳の頃に母が病気で亡くなり、深い悲しみを味わいます。

その後、父と祖父の反対を押し切って、漁師になります。
一人で漁を続け、妹を背中に背負って漁をすることもありました。

26歳のときに婚約。
婚約相手の名前は「ゆき」。

人生の幸せが少しずつ近づいていた27歳のとき、大波が打ち寄せてきて船が転覆。
五郎は水死したのでした。

この前世の自分の死の場面を見て、その後に前世の自分やハイアーセルフ(その人の一生を守ってくれる魂)との会話をして、このときの前世療法は終了しました。

クライアント様から下記のご感想をいただきました。


前世の五郎からは、
「自分は早く死んだから、自分が見ていないものを見て、経験していないものを経験してほしい」
「家族を大事にしながら、自分がやりたいことをやりなさい」
「悔いがないように生きていきなさい」
と言われました。

ハイアーセルフは亡くなった母のように見えました。
ハイアーセルフからは
「死なない限りは自分が好きなことをやりなさい」
「自分のことを大切にしながら、自分の好きなことをやりなさい」
と言われました。

五郎は海の事故で亡くなっているし、母も病気で亡くなっているので、「体を一番大切にしながらやりたいことをやりなさい」と言われました。

また「他人の話を聞きなさい」とも言われました。
これは思い当たることがあります。
五郎も自分も他人の話を聞かないで突っ走るところがあります。
「そこを直したら周りの人が自分に近づいてきてくれる」と言われました。

「家族を大事にして助け合っていきなさい。一緒に頑張っていきなさい」とも言われました。

A社とB社の選択で迷っていましたが、ハイアーセルフから言われたことからすると、いろんな仕事をさせてもらえて経験がより深まる方を選んだほうがいいんじゃないかと思えます。
つまり、B社の方を選んだほうが良いのかなと思います。

ハイアーセルフは「ああしなさい、こうしなさい」と言うのではなくて、あくまで選択権はこちらにあって、その上で助言をしてくるような感じでした。「こうしてみれば?」とヒントを与えられるような感じでしたね。

「自分を大切にする」のような基本的なことが伝えてきて、細かいところまでは言わない感じです。

集団に溶け込めないことについても、「他人の話を聴く」ということが大切だと気付きました。
「自分で判断をしすぎない」「自分の信念を持つことは大事だけれど、周りの人の意見も聞きなさい」と言われた気がします。

中学や高校の部活動の中で集団に溶け込めないときがあったのですが、それは私の「自分で判断しすぎて、他人の話を聴かない」という癖が裏目に出てしまったのかなと思います。

今回の前世療法は予想外の体験になりました。
自分が知りたかったことはちゃんと知れて満足しています。
それ以外のことにも気づくことができて、とても良かったです。

自分が大切にしないといけないことを改めて教えてもらいました。

(20代男性 I.Mさん)

あなたの潜在意識にすべての答えがあります!

潜在意識には、過去の記憶・感情・印象などがすべて記録されており、その奥には胎児期や前世の記憶まで存在すると言われています。

通常のカウンセリングは顕在意識を活用したものですが、
ヒプノセラピーは潜在意識とつながって、悩みに対する良い気づきや答えを得ていきます。
通常のカウンセリング以上に深い気づきや癒しが得られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です