就職面接で緊張しすぎていたけれど・・・!

あるクライエント様の声(体験談)をご紹介します。
掲載の許可をいただいています。


就職面接の時にものすごく緊張していました。
自分の考えていることが言葉にならないことがありました。足が震えたり、肩がガチガチになったりしていて、それが相手に伝わっていました。

そんな調子だったので、昨年の就職活動では残念ながら失敗しました。緊張したことが間違いなく関係していると思います。

そこで今年はまずこの緊張する癖をどうにかしたいと思って、ネットで熊本カウンセリングのホームページを見つけて、カウンセリングの申込をしました。

熊本カウンセリングでのセッションで気づいたことがあります。
これまでは就職面接で緊張すること自体をどうにかしないといけないと考えていたのですが、その緊張する癖が自分の過去のトラウマに根付いているものだということに初めて気づかされました。

自分の過去のトラウマがどのようなものなのかということを掘り出していく作業をして、それにひとつひとつ対処していくことで改善できました。

去年の就職面接での緊張の程度を10とすると、今年の就職面接では5ぐらいに下がっていたと思います。必要以上に固くなりませんでした。また自分の自然体を出せていたと思います。

就職試験の中のグループ・ディスカッションも結構うまくいきました。発表役をすることが出来ました。

2社の試験を受けたのですが、そのうち1社から採用内定をいただくことができました。
熊本カウンセリングでのトレーニングは間違いなく役に立ったと思います。

また日常生活の中でも前向きに物事を捉えられるようになりました。落ち込む回数が減りました。以前は嫌なことがあったときに、それに耐え切れずに落ち込んで、しばらく立ち上がれないことが多かったです。

今では嫌なことがあっても流すことができるようになったし、自分の今の悪い部分を受け入れられるようになりました。

熊本カウンセリングでのトレーニングを受けて、「流れに身を任せるのが一番」ということに気づきました。今までは自分の力でなんとかしないといけないと思いすぎていました。それでうまくいかないことがあると落ち込んでしまって、ますますうまくいかないという状態が続いていました。

しかし反省はするわけですが、そこまで気にせず、自然体のままで周囲との関係をうまく保っていけばそれなりにうまくいくと考えられるようになりました。

自分と同じように就職面接で緊張しすぎて苦しんでいる人には、「一人で抱え込まないで」とアドバイスしたいです。どうしても一人で抱え込むと考えすぎてしまいます。すぐにでも誰かに相談して打開策を見つけるのがいいのではないかと思います。

(20代男性 K.Dさん)

あなたの悩みを心理カウンセリングで解消してみませんか?

心理カウンセリングと心理療法で、あなたの問題解決・目標達成のお手伝いをします。

これまで、職場の人間関係、対人恐怖症、あがり症、離婚、親子関係、不登校、孤独、うつ、依存症、性の悩み、不眠症、適応障害、人間関係、ニート、ひきこもり、職場いじめ、性的虐待等の様々なお悩みのご相談をお受けしています。
お気軽にご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です