あがり症で会社の朝礼スピーチに20年以上苦しんできたけれど!

あがり症克服セラピーをお受けいただいたクライアント様の体験談です。
掲載の許可をいただいています。


私は、ずっと、あがり症で苦しんできました。
あがり症の発端は、中学生のときだったと思います。

中学生のときに、他の学校の生徒がやって来て、意見交換会のようなものがあったのです。 その意見交換会の中で、声があまり出なかった覚えがあります。そのときの嫌な感覚が心の中に残っています。

そして、社会人になってから、あがり症の症状をいろいろと感じるようになりました。

今、私が1番苦しんでいるのは、月に1、2回ある会社の朝礼でのスピーチです。自分のスピーチの順番が近づいてくると、その前の休みの日や前日から気になるのです。スピーチのことが頭を離れず、他のことに没頭できず楽しめないのです。

そして、スピーチ当日の朝は早く目が覚めるのです。毎朝血圧を測っているのですが、スピーチ当日の朝は血圧が上がってカーッとなっていました。
「どうしよう・・・」という気持ちが朝礼の前まで続いていました。朝礼の直前になると、体が固くなって、胸が圧迫されるような感じがしてきます。

スピーチ本番になると、声が出にくくなって、自分が伝えたいことが十分に伝わらないような感覚でいっぱいになるのです。

そして、スピーチが終わった後は、後悔して、その後悔する気持ちをその日一日中引きずっていました。「また、やっちゃった・・・」という感じです。

以上のような、あがり症の症状に社会人になって20年ぐらい苦しんできました。
これまでも、あがり症克服のためにいろいろと取り組んではきました。

まず、いろいろなあがり症克服法関連の本を読んできました。

バイオフィードバック法に取り組んだときもあります。ある程度は効果があったと思います。10のうちの2ぐらいです。劇変したという感覚はありませんでしたが・・・。

また、受講料が30万円ぐらいする1泊2日の心理セミナーを受講したこともあります。 瞬間的には良くなったけれど、家に変えると元に戻ってしまっていました・・・。

こちらは、インターネットを検索していて、たまたま見つけたのです。
申込をする直前は、やっぱり、不安はありました。それでも、とにかく何でもやってみようという気持ちで申込みました。このあがり症の症状が無くなれば、もっともっと人生が明るくなるという思いがあったからです。

セラピーを受けた後は、まず、気持ちが軽くなりました。
今までと違って、前日になっても気持ち的に余裕を持って過ごせました。
そして、当日の朝になっても血圧が全く上がっていませんでした。
直前までは、スピーチのことをほとんど考えることがありませんでした。

スピーチ本番では、若干、声の震えはありました。しかし、「これでいいんだ」という気持ちに自然になっていました。

そして、スピーチの後に後悔がありませんでした。少々いろいろあっても、「完璧でなくともよい」と思えるのです。

以前のスピーチの前日から後までのネガティブな気持ちをトータルで10とすると、今ではそれが3か4まで下がりました。

田中先生には、初回のセッション後からすぐに効果を感じましたので、信頼感と安心感を感じました。
実は当初は、まやかし的なものもあるのではないかと疑っていた面もあるのですが、効果もあったし、親身にしてもらって良かったです。

今回は電話でのセラピーだったのですが、私は、面接よりも電話のほうで良かったと思います。気軽にできたからです。面接だったら、不安感もあったと思います。

私と同じように、あがり症で苦しんでおられる方がおられたら、効果があって電話で気軽にできるセラピーがあるので、ぜひ試して欲しいです。

(50代男性 I.W.さん)

あなたの悩みを心理カウンセリングで解消してみませんか?

心理カウンセリングと心理療法で、あなたの問題解決・目標達成のお手伝いをします。

これまで、職場の人間関係、対人恐怖症、あがり症、離婚、親子関係、不登校、孤独、うつ、依存症、性の悩み、不眠症、適応障害、人間関係、ニート、ひきこもり、職場いじめ、性的虐待等の様々なお悩みのご相談をお受けしています。
お気軽にご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です