3人の天才的な心理療法家がいました。
その3人とは、

・ ミルトン・エリクソン(催眠療法)
・ フリッツ・パールズ(ゲシュタルト療法)
・ バージニア・サティア(家族療法)

この3人の施療は、独創的かつ効果抜群でした。
患者を次々に治していたのです。

そこでこの3人の施療を分析したところ、共通するパターンが見つかったのです。
言わば、天才的な施療の種明かしができたのです。
天才を天才たらしめている理由が分かったとも言えます。

この共通パターンを一般の人でも実践できるような型(手順)にまとめたのが
NLP(Neuro-Linguistic Programming)です。
日本語では、神経言語プログラミングと訳されています。

NLPを学べば、いきなり3人の天才レベルとはいきませんが、初心者でもかなり高いレベルの実践が可能になります。

熊本カウンセリングのNLPプラクティショナーコースでは、講座中の実習をしただけで、高所恐怖症や長年の便秘症が解消された受講者がいらっしゃいます。
NLPはとにかく効果的なのです。

熊本カウンセリングの田中も2007年の開業時に、NLPプラクティショナーコースとその上級コースであるマスタープラクティショナーコースを受講して、NLPマスタープラクティショナー資格を取得しました。

その後、他のスクールで、再度マスタープラクティショナーコースまで受講して学習をし直しました。
そしてさらに、NLPトレーナーズ・トレーニングを受けてNLPトレーナー資格を取得しました。

NLPに関してこれまで合計500時間以上のトレーニングを受けています。

また2007年の開業時から、ずっとNLPを心理カウンセリングの実践の中で使い続けてきています。

今振り返って思うのは、NLPを学んできたからこそ、これまでさまざまなクライアント様のご相談に対応できてきたということです。
NLPを学んでいてよかったと思います。

もしもあなたがNLPにご関心があられたら一緒に学んでみませんか?
NLPプラクティショナーコースの他にも、NLP体験講座も開催しています。

※熊本カウンセリングのNLP専門サイトに移動します。
NLPサイトヘ移る