いじめ後遺症で対人恐怖症だったけれど

あるクライエント様の声(体験談)をご紹介します。
掲載の許可をいただいています。


私は人に対してものすごく嫌悪感を感じていました。
人が私に親しみを感じて、近づいてくるのが嫌なのです。
1メートル以内に入られるととても嫌でした。

会社員をしていたときは、同僚と飲みに行ったり、社員旅行に行ったりするのが嫌でしたね。

飲みに行ったときは、最初はできるだけテープ席の端に座り、しばらくしてカウンター席に座るようにしていました。できるだけ隣の席に人が座ってほしくないからです
そして、お酒をたくさん飲んで酔っ払ってごまかしていました。

集団の中で仕事をすることも嫌でした。
一人で営業先を回る仕事をする方が好きでした。
営業先のお客様とはフランクなふりをして話をしていました。10分や20分ぐらいなら平気ですから。
しかしこれ以上は仲良くなりたくないという気持ちを持っていました。

女性との付き合いではどうしても深い関係になってしまうのですが、ある程度以上の関係になると逃げていました。
会わなくしていったり、嫌いなふりをしたりして、別れる方向にもっていっていました。

私がこのように人に対する嫌悪感、恐怖感を持つようになったのは小学5年生ごろからです。
当時、転校先の小学校でいじめにあったのが原因です。
いろいろあって現実逃避をするようになりました。

「人間と付き合うのはほどほどにしよう」
「自然の景色だけを見て生きてきたい」
「一人で生きていきたい」
と思うようになりました。

当時は、遊ぶ友達はいないし、同級生とは会いたくなかったので、道路をぶらぶら歩いたり、山を歩いたりして時間をつぶしていた思い出があります。
人がたくさんいる場所にはできるだけいたくなかったのです。

50代の半ばになって、自分がどのように生きていきたいのか考えたことがありました。
できればこれまでのような自分ではなく、他人と親しくつきあっていく自分になりたいと思いました。自分の中にある壁を越えたかったのです。

そしてそれを可能にしてくれる専門家と出会いたいと思ったのです。
そして検索したりして見つけたのが熊本カウンセリングでした。

6回のセッションの中では、過去に戻るようなイメージをしたセラピーが印象的です。
いじめられる体験を回避したり、みんなと野球して遊んだりするイメージを作ったことをよく覚えています。これらのイメージにはとても救われた気がします。

最近では人づきあいが変わってきました。

これまでは嫌な人と出会うと、その人と話さずに少しずつ離れていっていました。
そういう行動をする自分も嫌でした。

今ではその嫌な人と近づくことができようになりました。これまでだったら嫌な気持ちばかり感じていましたが、その人との間にある問題をどのようにしたら解決できるか冷静に考えるようになりました。

私はテニススクールに通っていて、ときどきいろんな人とペアになって試合をします。
そのときは、勝つことばかり考えて、ペアになった相手とは「仕方なくあなたと組んでいるんだよ」という雰囲気を出していたと思います。そして早く試合を終わらせてペアを終わらせたいと思っていました。それは相手にも伝わっていたと思います。

ところが昨日は、若い人や年配の人など4組の人たちとペアになって試合をしたのですが、試合後にハイタッチをして喜び合えたのです。

そして生まれて初めてハイタッチをしました。
最高にうれしかったです。これまでの人生で味わったことのない感覚でした。
ハイタッチをして普通に会話ができてうれしかったです。

試合で勝つとか負けるということよりも、一緒に助け合いながらプレーするという素晴らしさを昨日初めて感じました。
これまで「勝てばいい」とだけ思っていましたから。

また私には女性のLINE友達がいます。
これまでこの人が私の自宅に来ることは嫌だったのですが、最近ではミカンを届けたりしてくれます。そのとき自然に感謝して受け取ることができています。
仲が少し深まりました。

他人と普通に対応できている自分がいるなと感じます。
熊本カウンセリングに来る前に他人に感じていた嫌悪感や恐怖感を10点とすると、今は1点か2点に下がりました。多いときで2点です。生活するには問題ないレベルです。

今後は地域の町おこしに参加したり、人生のパートナーを見つけて結婚したりしていきたいですね。

私はこれまで迷路の中に入ってしまっていたと思うのです。
自分で迷路から出ることができないのに、あがき苦しんでいたのです。

私と同じように対人恐怖で悩んでいる人も同じように迷路に入ってしまっているのではないでしょうか。

そのような人には、上を見て誰かに助けを求めてほしいと思います。
迷路の中で自力で脱出できないのに無理して頑張っていると深みにはまってしまいます。

迷路の中でにっちもさっちもいかなくなると、10年でも20年でもあっという間に経ってしまいます。迷路の中では時間が止まったままなのです。自分の体験からそう思いますね。

迷路を上から見て、脱出法が分かる人に助けを求めるとよいと思います。
ただ、多くの人が脱出法が分からない人に助けを求めていると思います。例えば友達とか。
本当に分かる人に助けを求めて欲しいと思います。

(50代男性 S.Hさん)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です