親から愛されていなかったと思っていたけれど

年齢退行療法を受けられたクライアント様の体験談を紹介します。
掲載の許可をいただいています。


「手のかからない子どもだったから子供らしくなかった」
「両親が駆け落ちしてできた子供なので、望まれて生まれてきたわけではなかったかも」

と話されるN.Sさん。
そこで今回のヒプノセラピー(年齢退行療法)のテーマを「両親から愛されていたのか」と設定しました。

年齢退行療法によって幼少期の記憶が思い出されました。
5歳の時に家の中で独りぼっちだった場面、両親の夫婦喧嘩の場面、父が病室で亡くなった場面などが浮かんできました。

セッションの後にN.Sさんから下記のご感想をいただきました。


家の中に誰もいない場面が最初に出てきて、悲しい気持ちがワーッと出てきました。
それは強い感情で、これまでずっと忘れていたものでした。

なんでこんなに悲しいんだろう?
あの頃相当我慢していたのだなと思いました。

私は一人で寂しかったんだなと思いました。
その悲しさが分かって、出せたので、すっきりしました。

実は私は父のことは大嫌いでした。
そして、嫌いなまま父は亡くなりました。

ですが今は、父は気持ちの表現が下手で、それに加えて自分のことで精いっぱいだったのかなと思います。

これまでもそういうふうには思えるようにはなってきていたのですが、やっぱりそうだったなと思いました。

母とはお絵かきや砂遊びを一緒にやっていたという感覚が思い出されました。
スキンシップも思い出しました。

私は親から愛されていたと思います。
自宅近くの祖父母、叔父叔母からも愛されていました。

私と同じように「親から愛されて育ったのではないかも?」と疑問を持っている人には、自分自身の考え方を変えて、自分で「自分は愛されていた」と思えればそれが一番いいのでしょうが、それができないならヒプノセラピーもいいのかなと思います。

本当はきっと、みんな愛されていたと思うのです。
ヒプノセラピーはそれが確認できます。

(40代女性 N.Sさん)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です