子育てが終わった後の人生の目的を知る

前世療法を受けられたクライアント様の体験談を紹介します。
掲載の許可をいただいています。


子供が独立して、自由な時間が増えてきたというY.Kさん。
そこで今回の前世療法のテーマを「子育てが終わった今からの人生の目的を知る」と設定しました。

前世療法を始めてすぐにY.Kさんの心の中で見えてきたものは、ジャングルの中にいる黒人男性。槍とかごを手にしています。
名前はテオ。
それがY.Kさんの前世でした。

場所は南アメリカの赤道地帯。ジャングルに覆われています。
テオと村の人々は狩猟を中心にした原始的な生活をしていました。

ある日、アメリカ人の探検家スチーブとその仲間たちが村を訪れます。
スチーブたちの目的は未開の地の探検と、今後の旅行先となる絶景スポットの発見でした。

テオは彼に興味を持ち、彼らのカイドとして雇われたのでした。

テオは有能なガイドになりました。
未開地への新ルートを発見するなどしてスチーブたちの役に立ちます。

またガイドとしてだけでなく、村々とスチーブたちとの間に立って交易ができるようにして、村々を次第に豊かにしていきました。
テオ自身も村々も豊かになり、感謝されました。

そして62歳のときに畑仕事をしているときに心臓発作で亡くなりました。

この前世の自分の死の場面を見て、その後に前世の自分やハイアーセルフ(その人の一生を守ってくれる魂)との会話をして、このときの前世療法は終了しました。
クライアント様から下記のご感想をいただきました。


前世は細かいところまではっきりとは見えませんでしたが、雰囲気で分かりました。

ハイアーセルフは仙人のようなおじいさんに見えました。漫画のようでした(笑)。

ハイアーセルフには「子育ても終えた今、人生の目的をどうやって見つけていったらよいのか?」尋ねました。

そうすると「今十分楽しんでいるのに、これ以上何が欲しいのか」と言われました。
今のままでいいじゃないかということなのです。
「やりたいことだけやりなさい」ということでした。

何か不足を感じていたわけではなくて、何かやらないといけないのではないかと思っていたのです。

何か見つけられたらいいなと思っていたのですが、今自分の目の前にあるもので十分なのだなと分かりました。
これが今回の前世療法での最大の気づきです。

テオの人生は最初から村を豊かにしようとか考えていませんでした。
スチーブたちのガイドの仕事をしていたら結果として自分も豊かになったし、村も豊かになりました。
目の前のことをしていたら結果としてそうなったということです。

何か目標を立ててそれに向けて頑張ることが大事なことかなと思っていたのですが、目標が見えてなくても、そこに進もうとしていなくともよいのだなと気づきました。
目の前のことをやっていけば、自分が思っている以上のものが待っているということです。

現在私は仕事も趣味もいろいろなことをやっています。
収拾がつかなくなっているくらいなのですが、それでもよいのかなと思えてきました。
あえて何かをやめる必要はないと分かりました。

(50代女性 Y.Kさん)

あなたの潜在意識にすべての答えがあります!

潜在意識には、過去の記憶・感情・印象などがすべて記録されており、その奥には胎児期や前世の記憶まで存在すると言われています。

通常のカウンセリングは顕在意識を活用したものですが、
ヒプノセラピーは潜在意識とつながって、悩みに対する良い気づきや答えを得ていきます。
通常のカウンセリング以上に深い気づきや癒しが得られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です