我慢ばかりせずに自分の気持ちを相手に伝えること

前世療法を受けられたクライアント様の体験談を紹介します。
掲載の許可をいただいています。


「夫が転職を繰り返す」
「実家の両親の介護に協力してくれない」

と話されるクライアントのR.Eさん。
そこで今回の前世療法のテーマは「夫と円満な関係になるにはどうしたらよいのか?」と設定しました。

前世療法が始まると、R.Eさんの心の中で見えてきたのは岩だらけの荒野の中にある白い四角のモスク(イスラム教の寺院)。
それを悲しい気持ちで見ていた一人の女性、ヨーダ。夫を亡くして呆然としています。
それがR.Eさんの前世でした。

もともとヨーダは頭がよく、行動力もある女の子でした。
両親や祖父からも「しっかりしている」「頼りになる」と褒められて育ちました。

大人になって、石切り場で石を運ぶ仕事をしていた夫と結婚し、子供も授かり、人生は順調でした。

しかしヨーダが45歳のときに、夫が事故死します。大きな石の下敷きになったのです。

その日からヨーダは、亡くなった夫と同じように石を運ぶ仕事をして生計を支え、一人で子育てをし、そして年老いた親の世話までし続けたのです。
苦難の連続でしたが、生き抜いたのでした。

ヨーダは82歳で子供と孫に囲まれて亡くなりました。

この前世の自分の死の場面を見て、その後に前世の自分やハイアーセルフ(その人の一生を守ってくれる魂)との会話をして、このときの前世療法は終了しました。
クライアント様から下記のご感想をいただきました。


前世はモノクロでぼんやりとした映像のように見えました。

ハイアーセルフは女神様のように見えました。

ハイアーセルフには「どうしたら幸せになれますか?」と尋ねました。
そうすると「自分の心に素直になりなさい」という答えをもらいました。

自分では自分の心に素直にしているつもりですが、本当はしていないのかなと思いました。

しかし考えてみると、夫には自分の言いたいことをはっきり言わずに接してきたと思います。そういう意味で素直ではありませんでした。
「こういうところがイヤ」とはっきり言わないできました。

はっきりではなくともある程度は伝えてきたつもりですが、分かってもらえていないです。

はっきり言わずに、我慢することばかりしてきました。
「今までがそうだったように、言っても分からないだろう」
「子供が独立するまではとにかく我慢しよう」
と考えてきました。

友達に相談すると、
「よく我慢しているよね」
「よく一緒にいるよね」
「私だったら無理」
と言われています。

今回の前世療法での最大の気づきは、「前世と同じような人生を繰り返しているのかもしれない」ということです。
一人で子育てして、一人で親の面倒をみる人生です。

前世のヨーダがそうだったように、私は苦難に耐える力はとても高いのですが、それが裏目に出て、自己表現することを諦めてきたのかもしれません。
「言ったら争いになるかもしれないし、それも面倒くさい」という感じです。

私は口で言葉を言うよりも、文章を書いて伝える方が得意です。
子供達には、「生まれてきてくれてありがとう」みたいな文章を毎年書いて送っています。
彼らが社会人になってからも送っています。
思い残すことがないようにです。

それと同じようなものを夫に書けばよいのでしょうけれど、それはなかなか照れくさいですね(笑)。

また、なんで私だけがこんな努力をしないといけないのかなと腹が立つ気持ちもあります。向こうは何の努力もしないのに。

ラインでは毎日「今日は○○が用意してあります」のような文章を書いて送信しています。
以前は「わかりました」「了解」と返信をしてくれていたのですが、最近は返信もありません。「既読」にはなっているのですが。

長くそんな姿を見せつけられるとうんざりしてきます。

ただ、この腹立たしい気持ちやうんざりした気持ちを率直に伝えることが、「素直になる」ことかもしれませんね。そこから始めるとよいかもしれません。

今のままだったら何も変わらないと思います。
良いほうに変わるためには自分も努力をしないといけないと分かっています。

(50代女性 R.Eさん)

※この体験談をいただいた後に、自分の気持ちを上手に伝えるコミュニケーション法である「アサーション」についてご説明しました。

あなたの潜在意識にすべての答えがあります!

潜在意識には、過去の記憶・感情・印象などがすべて記録されており、その奥には胎児期や前世の記憶まで存在すると言われています。

通常のカウンセリングは顕在意識を活用したものですが、
ヒプノセラピーは潜在意識とつながって、悩みに対する良い気づきや答えを得ていきます。
通常のカウンセリング以上に深い気づきや癒しが得られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です