他人に心を開けない理由が分かった

前世療法を受けられたクライアント様の体験談を紹介します。
掲載の許可をいただいています。


「他人に心を開くことができない」
「職場では『八方美人』で敵はいないけれど、浅い関係ばかりでときどき孤独を感じる」
「妻に『あなたは自分の心の中を私に見せてくれないから寂しい』と言われてしまう」

それがR.Nさんの悩みでした。

そこで今回の前世療法のテーマは「他人に心を開くことができない理由を知る」と設定しました。


前世療法を始めてR.Nさんの心の中で最初に見えてきたのは、腰には鎧の垂(たれ)、上半身は鎧を脱いで深緑色のシャツだけの兵士。
石畳の街の中で、悲しみと孤独を感じています。
兵士の名前はガイナス。それがR.Nさんの前世でした。

場所はオランダ。
戦争があり、ガイナスの所属する軍隊は敗走してこの街に流れて来ています。
ガイナスは多くの仲間が死んだことに茫然としています。

とくにガイナスが心を傷めているのは、戦場で彼の背後をかばって敵兵の槍に突かれて死んだ後輩のことです。
そのとき振り返ってすぐに敵兵は倒したものの、その後輩は自分の身代わりになって死んでしまいました。

「背後を不注意にしていた」
後悔の念がガイナスの心に広がっています。
この後悔と仲間たちを亡くした悲しみをガイナスは一生持ち続けることになります。

その後軍隊を退役したガイナスは革を加工して鞄を作る職人になりました。
結婚して娘が生まれます。

家族団らんが最高の幸せ。

そして72歳のときに寿命を迎えます。
穏やかで幸せな人生でしたが、戦争体験を境にしてどこか悲しみを抱えて口数が少なくなった性格は死ぬまで続きました。

この前世の自分の死の場面を見て、その後に前世の自分やハイアーセルフ(その人の一生を守ってくれる魂)との会話をして、このときの前世療法は終了しました。

クライアント様から下記のご感想をいただきました。


前世のイメージはぼんやりと見えていました。
鮮明ではなかったですね。
モザイクがかかった感じです。

「心をどのように開けばよいのか」
「他人とどのように接していったらよいのか」

とハイアーセルフに尋ねました。

「迷わずに、素直に話しかけていったらどうだ?」
「思っていることを素直に、そのままぶつかっていけばいい」

と答えてくれました。

まだちょっと壁はあるのですが、頑張っていきたいなと思います。
こちらから発信できていけたらいいなと思います。

(30代男性 S.Nさん)

あなたの潜在意識にすべての答えがあります!

潜在意識には、過去の記憶・感情・印象などがすべて記録されており、その奥には胎児期や前世の記憶まで存在すると言われています。

通常のカウンセリングは顕在意識を活用したものですが、
ヒプノセラピーは潜在意識とつながって、悩みに対する良い気づきや答えを得ていきます。
通常のカウンセリング以上に深い気づきや癒しが得られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です