今回の前世療法の最大の気づきは「動くこと」です

前世療法を受けられたクライアント様の体験談を紹介します。
掲載の許可をいただいています。

U.Rさんは現在のお仕事を辞めて芸術関係の道に進むことを願っておられましたが、同時に不安も感じておられました。
そこで今回の前世療法のテーマは「人生の目的は何か?」と設定しました。

前世療法を始めてU.Rさんの心の中で最初に見えてきたのは、森の中で遊ぶ少女。
それがU.Rさんの前世でした。

場所は北欧のどこかの地域。
森の中に住む部族の少女でした。

この部族は森の中を生活圏としており、そこで自給自足しています。
森の外へ出ることはほとんどありません。

ですから、彼女も木の実を食べたり、遊んだりして暮らしていました。
とてもシンプルな生活で、それは終生変わりませんでした。

彼女が20歳ぐらいから森の外部に住む人たちが木の伐採のために森に入ってくるようになります。
生活圏である森が小さくなっていくことは悲しいことでしたが、彼女はその外部の人たちを観察することを楽しみにしていました。

ただ、その外部の人たちと交流するまでには至りませんでした。

そして彼女は63歳のときに寿命を迎えました。
森の中で暮らした穏やかな人生でした。

この前世の自分の死の場面を見て、その後に前世の自分やハイアーセルフ(その人の一生を守ってくれる魂)との会話をして、このときの前世療法は終了しました。

クライアント様から下記のご感想をいただきました。


前世のイメージは鮮明に見えました。

私はシンプルな日常が得意です。何もしない生活がすごく得意です。
他人は焦っていても、私は日常生活が平和ならそれだけで満足して生きていけます。

木や森、緑が本当に好きなのです。
そして、太陽、鳥の声などを見て聞いているだけでとても充足します。

このような自分の性質のルーツがにここにあることが分かりました。

彼女の人生は、やり残している感じがします。
楽しい人生だったけれど、やり残している感じがします。

ハイアーセルフから
「やりたいことをやりなさい」
「どうしよう、どうしようと言ってしなかったことをちゃんとやりなさい」
と言われました。

私は
「応援をお願いします」
と言いました。

ハイアーセルフは
「応援します」
「これまでもずっと応援していました」
と返してくれました。

今回の前世療法での最大の気づきは、
「自分の気持ちに素直になる」
「素直になって動く」
ということです。

(女性 U.Rさん)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です