前世療法で転職の迷いが消えた!

前世療法を受けられたクライアント様の体験談を紹介します。
掲載の許可をいただいています。

このクライアント様は、転職活動の最中にありました。
「本当にやりたいこと」「これまでのキャリア」「得意とすること」「給料」「勤務地」「子どもの教育」「親の老後の世話」など仕事を選択するうえで考慮すべきことが多く、そのためなかなか決断ができずにおられました。

そこで、「仕事の選択に役立つ前世を見て気づきを得る」が今回のセッションの目的になりました。

前世療法を始めると、クライアント様の心の中で最初に見えてきたのは武士のイメージ。

詳しく見てみると、どうやら時代は江戸時代の末期。
愛媛のあたりにある藩の武士。仕事内容は事務職。

30代前半で、仕事ぶりが高く評価されて昇格します。
クライアント様いわく、「係長と課長の間ぐらいになった」とのこと。

また大阪に長期出張も経験。

仕事で活躍し、充実した日々を続けていましたが、
40代に入ってから「結核のような咳をよくする大病」を経験。

闘病生活が長期化し、残念ながら仕事は非常勤勤務に変更せざるをえませんでした。

そして60歳すぎに病気が悪化して一生を終えたのでした。

この前世の自分の死を見て、その後に前世の自分やハイアーセルフ(その人の一生を守ってくれる魂)との会話をして、このときの前世療法は終了しました。

クライアント様から下記のご感想をいただきました。


ハイヤーセルフから「どんな仕事を選んでも守ってあげるから」という言葉をもらいました。
仕事の選択で迷っていましたが、それは正解のないものなのに正解があるはずと思って延々と迷い続けていたことに気づきました。これが一番大きな気づきです。

ハイアーセルフから「正解というのはないのだ」と言われたのです。

どちらの道に進んでも、問題は起こるし、楽しいこともある。
しかしどちらの道に行ってもハイアーセルフから守ってもらえる。
そういう見方ができるようになりました。
一歩踏み出す勇気になりました。

また前世の自分が「自分自身(の命、人生)を十分に使って思いっきり生きろ」とアドバイスしてくれました。

一つの道を選んで、全力で生きていきなさい、ということかなと思いました。
これだと決めて進むことが正しいと分かりました。

ここ数年間、堂々巡りして考えていたことです。とくにここ8か月間深刻に悩んでいました。
ここで脱出できそうな気がします。
1年前にこのセッションを受けたかったですね(笑)。

今日は決定的に大きなことに気づかされました。
これで進むことができなかったら、自分自身で進まないことを選択しているということになりますよね。

私と同じように仕事の選択で迷っている人には、まずはこの前世療法のセッションを受けることを勧めます。そうすると何か糸口が見えるのではないかと思います。

また仕事の選択だけでなく、何かにとらわれている人にも、すごく意義のある体験になるのではないかと思います。

(40代 男性 I.M 様)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です