対人恐怖症で保育園の送迎が憂うつだったけれど・・・!

あるクライエント様の声(体験談)をご紹介します。
掲載の許可をいただいています。


私はずっと、対人恐怖症気味で悩んでいました。春から子供を保育園に入園させることになったのですが、他のお母さん達とうまく付き合っていけるかとても不安でした。

実際入園してみると、なかなか知り合いもできず、焦りと不安が日増しに大きくなるばかり。 特に他の保護者の方達がグループになって話しこんでいるのを見ると「自分だけ浮いているんじゃないか?」という気持ちになり、保育園の送迎がすごく憂鬱でした。
そんな理由から熊本カウンセリングに行ってみようと思い立ったのです。

最初に先生にお会いした感想は「この人がカウンセラーなの?」でした。(先生すみません・・・。)私の中ではカウンセラーはお堅いイメージだったのですが、田中先生は人のいいお兄さん??という感じだったので・・・。でも、逆に打ち解けて相談しやすかったです。

私は毎日の生活の中で認知行動療法を実践し、先生とそれについてメールのやりとりを続けました。認知行動療法を行う中で、うまく行動できなかったり落ち込んでしまった時は、先生のメールに随分励まされました。人間関係に対する考え方も、今までは一つのパターンに陥りがちだったのですが カウンセリングによって、別のとらえ方ができるようになりました。

そんな中で先日”EFT”というセラピーを受けました。これは本当に驚きの体験でした! 私の対人恐怖症は過去の人間関係における辛い経験が大きく影響しているだろうという判断から先生はこのセラピーをしてくださいました。

セラピーをする前、私にとってその経験は「嫌な感じ」という思いしかなかったのですが、セラピーを繰り返すうちに「嫌な感じ」がなくなって「悲しい」という思いがでてきました。

すごく悲しくなって涙がでてきた時、「ああ、自分はあの時本当は悲しかったんだ」と気づき、それと同時に心が軽くなる感じがしました。セラピーではこのように、一つの感情が消えるとその下から隠れていた別の感情がでてきたりするそうです。

EFTを受けた結果、私は、過去に味わった辛い経験は全て終ったことであり現在そのような人間関係はどこにも存在しないこと、自分が常に「人から傷つけられるのではないか」と必要以上に警戒していたこと、などを認識しました。

頭の中では過去のことだとわかっていても、感情がついていってなかったのです。セラピーの後はとてもすがすがしい気持ちでした。長い夢から覚めたような感じがしました。
過去の辛い経験によって今でも苦しんでいる方がいらっしゃったら ぜひこのセラピーを受けていただきたいです。

私はまだカウンセリング途中ですが、終了する頃にはきっともっと楽に人付き合いができるようになり、対人面以外でも、もっと「生きやすくなるスキル」を身につけられているだろうと思います。

(30代女性 R.H.さん)

※心理カウンセラーからコメント R.H.さんは、宿題に一生懸命取り組まれていますね。その姿勢に私も気が引き締まる思いがしていました。ときどき、カウンセリングの途中に話が大きく脱線してしまったことも印象的です(笑)。これからも一緒にがんばっていきましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です