医師から人格障害と診断されたけれど・・・!

あるクライエント様の声(体験談)をご紹介します。
掲載の許可をいただいています。


私ははっきり言って田中先生と出会うまでは自殺した方がましな人生だと思い込んでいた。

様々な苦難に遭ったが、一番の問題は人間関係と職場だ。

私がうつ病になるきっかけとなった職場は「コネ」で入った者たちで固められていて、私のように将来を見越して「実力」で入ってきた異分子を徹底的に排除するために、様々な嫌がらせに遭った。

大学を卒業して、最初に入った会社がどぶ板営業、その後公務員上級職に落ち、やむなく入った零細企業が倒産寸前で退職、帰郷して入った特殊法人が上記のとおり。私は半ば発狂しかけ、心療病院に3か月入院した。

退院後も病院には2週間に1度通い続けたが、私をいじめた上司や、理解不能な同僚らの言動に対する恨みつらみを解決できなかった。

所詮精神科医は適当に診療して適当な薬を出しているだけなのである。毎回診断に2時間以上待たされていた私はイライラが頂点に達し、病院には薬を受け取りに行くだけになってしまった。

私にはうつ病の友人がいて、彼がカウンセリングを強く勧めてくれた。極めて億劫だったが、親に半ば引き連れられるようにして、田中先生のもとに連れられていった。

私は入院した時に診断書に何とか人格障害とか書かれていたのに酷く傷つけられていて、カウンセラーにも人格障害者扱いされるのではないかと疑念をもっていた。

しかし初回のカウンセリングで、私を病人扱いされるどころか、「将来どうなりたいのか」という問題提起と私のある才能を察知していただいて、サラリーマンや公務員になる人ではない、と断定された。

このことは私にとってまさに転機だった。私は誰もが知っている有名大学の出身なので、友人はみな一流企業や外資系に勤めており、次々と結婚していって私はコンプレックスの塊と化していた。しかし、自らの趣味が実益に変わるのなら、これほど良い人生はない。でもそんなことが可能なのか?可能とすべく、私はカウンセリングと宿題に取り組んでいる。

特筆すべきは田中先生のセラピーだ。EFTを受けると次第に過去の事を考えなくなる、というか考えようとしても考えられなくなっていく。私の苦しみの根源はある特定の何人かを殺してやりたいほどの怨念だったので、過去の事を思い出さなくなることは物凄く大きい。これは精神科医にはできないことだ。

そして田中先生から毎回宿題を出される。これは多少重荷になるような課題であっても、それに取り組んでいると、心が次第に前向きになっていく。少しずつ努力できる気力も生じてくる。人間は生まれ変わることができるのかもしれない。

今では先生は私をうつ病扱いされてないようだ。なぜならうつ病患者に対しては禁句である「頑張って」という言葉をかけられるからだ。私も知らないうちに頑張って宿題に取り組めるようになった。このことに大変感謝している。

田中先生は、単にカウンセリングされているのではないと思う。毎回のセッションは人生を切り開くためのものと感じるからだ。

自分の人生に絶望に打ちひしがれている方、誰とも会いたくない億劫な気持ちは分かりますが、一度田中先生の門をたたいてみてはいかがでしょうか?

(30代男性 Y.E.さん)

※心理カウンセラーからコメント
Y.E.さんは、少々ハードな宿題を差し上げても必ずやり抜いてこられるので、私もY.E.さんとのカウンセリングに大変やりがいを感じております。最近のセッション内容は、心理カウンセリングというよりキャリア・カウンセリングあるいはコーチングという感じですね。宿題をやってみてもなかなか結果がでないときもありますが、今後も気長に粘り強くやっていきましょう!

あなたの悩みを心理カウンセリングで解消してみませんか?

心理カウンセリングと心理療法で、あなたの問題解決・目標達成のお手伝いをします。

これまで、職場の人間関係、対人恐怖症、あがり症、離婚、親子関係、不登校、孤独、うつ、依存症、性の悩み、不眠症、適応障害、人間関係、ニート、ひきこもり、職場いじめ、性的虐待等の様々なお悩みのご相談をお受けしています。
お気軽にご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です