夫との生活を続けていくことに自信がなかったけれど・・・!

あるクライエント様の声(体験談)をご紹介します。
掲載の許可をいただいています。


私がカウンセリングを受けてみたいと思った理由は、おおまかに・・・

・なにかしらうつうつとして気が晴れなかった
・夫との生活を今のまま続けていくことに自信がなかった
・子どもたちが独立したことで、なにをしたらいいのかわからなかった

以上のようなことでした。

書いてしまえば取るに足らないことですが、私はじわじわとその感覚に蝕まれ、起きているのも億劫で、もちろん、出かける気力もなくて、楽しいことなんて何もなくて、ただ時間だけが過ぎていくというふうでした。

ネットの検索で「熊本カウンセリング」を見つけたのですが、初めはHPを眺めるだけで、毎日が過ぎていきました。そのうち、くまもとハートカレッジという月1の学習会のようなものを始められたのを知りました。
平日の昼夜2回の設定で、参加費も1000円で私でも行けそうな気がしました。
それでも、しばらくブログを眺めるだけで終わっていました。

それが、ある月に「よし、行ってみよう」という気になり、いよいよその前日に会への参加申し込みボタンをクリックしました。書くのは、名前とメールアドレスだけで、とても簡単に申し込みできたので、そのこともハードルを低くしてくれたようです。

行ってみると、参加者は3名でした。田中さんが「今回は少なくて・・・」と言われたので、「少なくて良かったです」と答えたのを覚えています。
本当にそうだったのです。あのときの私はあの場所に行くのがやっとで、もっと違った様子だったら、途中で帰りたくなっていたかもしれません。

私は田中さんをこの目で見たこと、田中さんと他の方たちが会話される様子を目の当たりにしたことで、この人のカウンセリングを受けてみようと決めました。
翌日にネットで申し込んで、最初の日時が決まりました。
そうそう、初回に対面して話して、そのあとに、正式にカウンセリングを受けるかどうか決めたのでした。その機会があったのも良かったと思います。

さて、カウンセリングを終えての私ですが、私自身、気持ちが楽になったなという実感はあるのですが、それよりも周囲からの「変わったね~」という言葉に、そうなのか!と気づかされる日々です。

実は、カウンセリングも終わりになろうかという頃、たまたま友人と話していて、
「えっ、えっ、どうしたの?今のセリフ、間違いじゃないの?」
と、本当に驚きの声を上げられました。

どういうことだったかというと、「夫の転勤が決まったらいっしょに行く」
という私の言葉が信じられないというのです。おまけに「楽しいと思うよ」という言葉まで出ていたので。
私も自分がそのことを口にするまで、そういうふうに気持ちが変化していることに、まったく気づいていませんでした。

それまでの私だったら、「もちろん一人で行ってもらう」だったはずです。
夫が会社から帰ってくる時間が嫌で、いっしょに家の中にいることさえ苦痛でした。
それにはそうなる理由があったのですが、今は、その時の感情を思い出そうとしてもあまりはっきりしなくて、うまく言葉にできません。

つい最近も、久しぶりに会った友人から、
「変わったね~。縛りがなくなったみたいね。あなたの中の・・・」
と言われることがありました。
そして、
「あなたが変わるとは思っていなかった」
とも言われました

そんな私ですが、田中さんに相当、感謝しているかと言われれば、そうでもないのです(笑)
なぜかというと、今、私には自分自身に変わる力があったからだと思えているからです。

2回目、3回目とカウンセリングの回を追うごとに、「あれ、私、やればできるみたい」という気持ちが、どんどん大きくなっていきました。
田中さんには申し訳ないのですが、本当に、できているのは「自分の力」だと思えたのです。
田中さんから1回目の宿題が出されて、いやだな~と思っていた私が、それをクリアできたことで、大きな自信になったのでしょう。

その宿題の内容はここには書きたくありません。えっ、そんなこと?と思われてあたりまえのことだからです。
でも、あのときの私には、それはえいやっとやらなければならないものでした。

では、もしそれができなかったら、私は変われなかったのか・・・。
そうではありません。その後、他の宿題が出されたりしてできなかったこともあったのです。最初は、田中さんに怒られるかな、「どうしてこんなことができないの」と言われるかなと心配もありました。が、まったくそういうことはなく、あとは自然に「できませんでした」と言えたことも、私にとってはとてもいい経験だったと思います。それは、今、思うことです。

カウンセリングが終了して、友人に「元気になれた。良かった~。でも、カウンセリングのおかげでなくて、私自身の力のような気がするのよね」と言ったとき、初めて、そうか、私は自分に自信がなくなっていたんだ、だから毎日を楽しめなかったんだと気づきました。
そして、そうか、私が自分の力に気づけたということが、カウンセリングがうまくいったということなんだと、田中さんへの感謝の気持ちがちょっとだけ(笑)わいてきました。

友人に言わせると、「そのカウンセリングは大成功じゃない?本人がカウンセリングに依存しないで、自分の力を自覚できたんだから!」ということでした。

うん、うれしい。今は、ただうれしい。
本当は、私の中にどんな葛藤があったのか、どんな苦しみがあったのか、もっと詳しく書くべきかもしれない。でも、今はそれよりも、今の自分がいることへの喜びが大きくて、そのことを書く時間がもったいない。

今は前に進みたい。
そう今思えていることが、とても幸せなことだと思います。
田中さんに感謝して。。。

(50代女性 A.H.さん)

※心理カウンセラーからコメント
週を追うごとに見違えるように活動的になられましたね。
ご自分の力を再発見されて、自信を回復されたことを私もとてもうれしく思っています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です